2008年02月19日

メンディングテープを使った裏技

メンディングテープを使ったDVDメディアのタイトル記入法を紹介します。記入したいタイトルをインクジェットプリンタで印刷し、そのインクが完全に乾ききらないうちにメンディングテープを”軽く”貼った後、紙を破らないようにゆっくりとテープをめくるとテープに文字が転写されます。インクが乾いていても写る場合はありますが、文字が薄くなってしまいます。また、紙はテープに繊維の残りにくい光沢紙のほうが良いと思います。

メンディングテープ1

こうして写し取ったテープをそのままDVDに貼れば完成です。内容を書き換えた場合にはテープを剥がせば後も残りません。もちろんテープの貼れるものであれば対象はDVDに限りません。子供の学習品のネーム入れなんかにも応用できます。

メンディングテープ2

この方法は大学時代にコピーした論文の整理用に思いついたものです。当時、読んだ論文は要点をまとめて「京大カード」に書いて整理していたのですが、カードに論文のタイトルをいちいち書き写すのが面倒でした。ある時、何かの拍子で破れたコピー紙をメンディングテープで補修していたところ、コピーされた文字がきれいにテープに転写されているのを発見し、それ以来、論文のタイトルはもっぱらメンディングテープを使った転写を利用するようになりました。

大学を出てから長い間、この方法も使うことがなくなっていたのですが、最近、DVDを整理しているときにふと、インクジェットプリンタの文字もコピーのトナーと同じようにメンディングテープに転写できるのではないだろうかと思い、試してみるとうまくいきました。簡単ですし、いろいろ応用が利くのでぜひ皆さんも使ってみてください。





posted by Biclix at 14:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | アイデア・自作
この記事へのコメント
これはすごい!
めんでぃんぐてーぷとGoogleで画像検索をかけたらこちらの画像がヒットしたので飛んできました。
機会があれば私も試してみます!


Posted by ゆん at 2013年05月13日 01:30
私が高校生だった頃、よく鉛筆やシャープペンシルの文字が写っていて、爪先で軽くなぞってお友達の名前をコピーして、お手紙に貼ったりして活用していました。

へんな顔をコピーして、お友達の筆箱に気づかれないように貼ってみたり‥とても懐かしいです。

これを「メンディングテープ」だという名前であると、最近初めて知りました‥お恥ずかしながら‥。
懐かしい思い出を思い出させていただきました、どうもありがとうございます。
Posted by さくらいろ at 2013年08月07日 01:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11124687