2008年12月06日

意外と使いやすいビートル・ティップ

コクヨの去年のデザインアワードの受賞作品が早くも商品化されたと聞いて文具店に行ってまいりました。それは何かというと、カブトムシのツノのように二股に分かれたペン先を持つ蛍光ペンの「ビートル・ティップ」です。なぜ「チップ」ではなくて『ティップ』なのかは不明です。

ビートル・ティップ

で、実際に使ってみるとこれが意外に使いやすい。これまでの蛍光ペンのペン先は小刀のように斜めにカットされていたので、ペンの角度をうまく調整しないと一定の幅のラインをきれいに引くのは難しいところもあったのですが、このビートル・ティップの場合は太い方のラインを引くときにも、ペン先が下に曲がっている分、安定して一定の太さのラインを引くことができます。




posted by Biclix at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具(筆記具)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23932114