2011年07月30日

トイデジで祇園祭を撮る

Vista Quest 1015 Entryというマッチ箱を一回り大きくしたくらいのコンパクトなトイデジを手に入れたので、これを持って祇園祭の山鉾を撮りに行ってきました。

トイデジ

出っ張った部分を持って引っ張り出すとファインダーが飛び出してきて、撮影できるようになります。しかし、液晶画面はなく、ファインダーにしても目安程度のなので、セットしたメモリーからパソコンに取り込むまでどんな画が撮れているのか分かりません。

全部で100枚近く撮ったのですが、構図がめちゃくちゃだったり、ピンボケだったり、暗すぎたりでここに紹介できるものはほんの数枚しかありませんでした。
祇園祭

四条通にある有名な長刀鉾や月鉾は完成していましたが、そこから南北に伸びる通にある鉾は町方の人が最終的な飾りつけをしているところでした。天気が良かったので空は完全に白抜けしています。

祇園祭

ピンボケ。赤が強調されるカラーバランスはこの機種の特徴なんでしょうか。

祇園祭

鉾の車輪の迫力を撮りたかったのですがうまくいきませんでした。全体的に被写体にもう少し寄って撮影した方が良かったのかもしれません。

初めてということでいい画は撮れませんでしたが、小さくて持ち歩くのにも邪魔にならないし、近所の路地裏でも撮影しながら腕を磨きたいと思います。





posted by Biclix at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47037657