2012年12月27日

アレブリヘスのドラゴン

クリスマスも終わり、新しい内閣も発足し、辰年も残りわずかとなりました。そこで今年最後に紹介するのはメキシコの民芸品、アレブリヘスのドラゴンです。

アレブリヘスのドラゴン

アレブリヘスとは、メキシコの南部オアハカ州で作られている木彫りの工芸品(ウッド・カービング)で、カラフルなペインティングが特徴です。

たまたまNHK BSの「恋する雑貨」で見かけてどうしても欲しくなり、eBayで手に入れました。日本の通販にもありますが、種類が少ないし、とても高いのであまりオススメできません。

このドラゴンの角や羽根は組み立て式になっていて、完成品で高さ20cmくらい。モニターの横にでも飾っておくのにちょうどいい大きさです。

ただ、角や羽根は本体の穴に差し込むだけで、日本の製品のようにきっちりしていないのでちょっと触れるだけでもぽろっと落ちてしまうのが玉に瑕です。

アレブリヘスのドラゴン

これはドラゴンと同梱してもらったネコとパンサーです。ちょっと小さくてネコで高さが7cmくらい。全ての模様にはこの地方に伝わる特別の意味があるそうです。





posted by Biclix at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具以外のモノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61065257