2013年04月23日

大河原コレクション ボールペン

今、兵庫県立美術館で『超・大河原邦男展−レジェンド・オブ・メカデザイン−』が開催されています。大河原邦男といえば「科学忍者隊ガッチャマン」や「機動戦士ガンダム」でロボットなどのデザインを担当された方で、Wikiによれば日本で初めて”メカデザイナー”として認知された人物だそうです。

http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1303/
そんな大河原邦男氏がデザインしたボールペン・コンパス・カッターナイフの三種の文房具が「大河原コレクション」としてセイカからそれぞれ限定1,000本が発売されたことがありました。

定価が9,800円と高額だったせいか、当時はあまり話題にはなりませんでした。後日、偶然ネット通販で安売りしているのを見つけて購入したのがこのボールペンです。黒のつや消しのボディに真っ赤なペン先がいかにもという感じです。

大河原コレクション ボールペン

お尻の球体部分を押すノック式かと思えば、さにあらず。その下にある小さなノブを押し下げることによってペン先が出るようになっています。こういったアナログ的ギミックがメカ好き少年の心をくすぐるのでしょう。

大河原コレクション ボールペン

ところで、セイカといえば昭和の特撮ヒーローをモチーフにしたボールペン「ヒーローの書き心地」にも機動戦士ガンダムのがあったはずと検索してみると、何と、セイカは既に解散し、サンスター文具に吸収されていました。これも少子化の影響なんでしょうか。文具業界も厳しいみたいです。

そして「ヒーローの書き心地シリーズ」も廃盤になっている模様。ただ、通販ショップでは「ヒーローの書き心地 機動戦士ガンダム」は在庫の分まだ手に入れることができるようです。




posted by Biclix at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具(筆記具)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65339381